日本人の心ともいえる和婚で幸せになろう!

新郎新婦

準備を行なう

招待状

結婚式招待状を結婚式の提携業者に依頼することで、自作する場合の手間を省くことができ、結婚式場と連携しているため安心感が得られるでしょう。また、結婚式を挙げる側、招待される側にも準備があるため、余裕の期間で結婚式招待状を送るのが良く、また、事前に挨拶すべき方々がいることを考慮することが大切です。

詳細

最高の一日を過ごす

会場

ホテルを結婚式場に選べば、ブライダルエステや宿泊など様々なサービスを受けられることがあります。京都で他の夫婦とは被らない結婚式を挙げたい場合、様々なポイントで個性を発揮してみましょう。ウェルカムボードやペーパーアイテムに注目することが大切です。

詳細

和風ならではの結婚式

神前式

日本古来の伝統的なスタイルでの結婚式として、和婚が近頃人気を集めています。和婚といっても格式ばったものだけではなく、現代風にアレンジされているケースもあります。しかしそんな中にも和服や日本料理を取り入れて、和風な雰囲気をふんだんに取り入れたコーディネートを楽しむというパターンもあります。ちなみに和婚を行う場合、基本的に神社での神前式もしくは寺院による仏前式ですが、どちらも和の雰囲気が強く感じられる場所ですし、最近は海外の日本ブームも影響し、日本の伝統や歴史といった文化の魅力を再認識する機会も多く、それによって和婚も注目度が増しています。さらに神社や寺院といった場所は神聖でありながらいつでも訪れることのできる身近な存在であり、一生のお付き合いが可能というところも和婚人気を後押ししています。

和婚だからといって昔からのさまざまな決まり事に乗っ取って必ずしも挙式をしなくてはいけないという決まりはありません。そういった挙式も可能ではありますが、時代に合わせて現代的な要素を取り入れ、アレンジした挙式をあげることも可能なケースがほとんどです。たとえば衣装については和服が基本ですが、新婦は髪型は洋髪にしているパターンもよく見かけますし、和服も白無垢に限らず色打掛や十二単、振袖などのさまざまなタイプがあるので、好みのものを選ぶことができます。また和婚でも日本人に限らず外国人でも挙式をすることは可能ですし、西洋風な結婚式と異なり、神前式などは費用では消費税がかからないケースが多いです。もちろん列席者の衣装に関しては正装ならば和服でなくても可能ですし、和婚だからといってこれといった堅苦しい決まりなどはないため、ごく普通に出席することができます。

思い出に残る結婚式

ビュッフェ

オリジナルウェディングは、自分たちの個性を出せるので人気ですが、自己満足になってしまわないように気をつけなければいけません。定番の結婚式と同じように、ゲストをおもてなしする場だと言うことを忘れないようにしましょう。

詳細